商品買取方式のメリット・デメリットについて

みなさんの中にも、クレジットカード現金化のサービスを利用している人は多いはずです。
現金化はとても便利ですので、まだの方は一度確認しておくといいでしょう。
さて、この現金化には「キャッシュバック方式」と「商品買取方式」2つの方法があります。
ここでは、後者の買取方式のメリット・デメリットを紹介します。

・換金率の高さについて

まずは、買取方式のメリットからです。
この方式は前から利用されており、その歴史も長くなっています。
商品買取方式のメリットとしては、業者の換金率の高さにあります。
もちろんすべての業者が高いというわけではありませんが、全体的に見ると、他の手法のキャッシュバック方式よりも高いようです。
ですので、換金率が気になる方は、この方式に着目してみるといいでしょう。
換金率が高ければ、それだけユーザーがもらえる額も増えてきます。

・現金化業者に商品を送る手間がある

商品買取方式は換金率の高さが魅了ですが、その一方でデメリットも存在します。
その1つが、現金化業者に商品を送ることです。
この方式はその名前の通り、ユーザーが購入した商品を現金化業者に送る必要があります。
そして、その送った商品を業者が受け取ることで取引が成立するのです。
このように商品を送る手間がありますので、嫌うユーザーも少なくありません。
現金化業者の中にはこの手法を採用しているところも多いので、利用する前の確認を忘れないでください。
また、不安な点はお店に連絡して、問い合わせてみるといいでしょう。

・メリット・デメリットを理解してください

クレジットカード現金化には2つのシステムがありますが、そのうち商品買取方式について紹介しました。
現金化業者によってそれぞれシステムが異なりますので、サービスをする前にチェックしておきましょう。

関連する記事